« 夏の一コマ | トップページ | 川遊び »

2010年9月 3日 (金)

夏の宝物展

小学生は、夏休みが終わった後に
自分の夏の自由研究(自由工作)をもって登校します。
それを全部並べた
「夏の宝物展」なるものが、岐阜県下の各学校の体育館にて行われています。

今日、私も見てきます(^^)
ほかの子がなにを極めたのか?それも興味あります。

へ?っていうものから、
ええっー!っていうものから、
親の力(リキ)モロバレ作品から、
自分で全部やったんだねぇ~っていうほほえましいものまで。

ある男子は、先生を親に持つためか?
すばらしい研究作品を毎年仕上げてきます。とにかく素晴らしい。
1年目はミミズを卵から観察、繁殖させたものでした。
ミミズの赤ちゃんというようなテーマです。
彼は今3年生。毎年文部科学大臣賞みたいな?すごい賞をもらうので、
もうやみつきで親子ともども後戻りできないようです。
それも一つの夏休みです。
私は、多分、息子がミミズの卵を育てて研究するといったら・・・・
絶対完全に却下しちゃったと思います。
この世で一番苦手なのは、
足がない生き物と足が8本以上ある生き物なのです。
(魚系、哺乳類は大丈夫です)
研究者を育てるには、親の資質もあります。


うちは、毎年工作です。
工作は息子の大好き科目。
好きなことをさせるのが一番かと・・・・
子どもは「無理やり押し付けて」勉強や研究させるのは非常に難しいですが、
好きなことには素晴らしい集中力を発揮します。

今年も、昨年の夏休みの終わりから「来年はルアーをつくる」と決めていたようで、
初志貫徹、ルアーを作りました。
木を削って、針やオモリをつけ、マニキュアや、プラモ用の塗料で色をつけて。
なかなか綺麗な魚が14こ(うち4個はダンナ作)できあがりました。
親子二人で、コツコツ作業をする姿は、
ほほえましいというか、おたくっぽいというか、職人ぽいというか
よい父子のコミュニケーションになりましたよ(^^)

今日、PTAの雑用のついでに
みんなの宝物展、みてきますねhappy01
楽しみです~sun

|
|

« 夏の一コマ | トップページ | 川遊び »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117829/49330330

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の宝物展:

« 夏の一コマ | トップページ | 川遊び »