« 忍  --にんーー | トップページ | マイケル・ジャクソンTHIS IS IT »

2009年11月 2日 (月)

道(タオ)流いき方?

たまに、ボランティアで子育て支援センターに足を運びます。
そこの場所は、保育園に隣接する市が運営する、子育てママのあつまるお部屋です。
センターの所長であるH先生が、とても素敵な先生なのです。
私の息子が未入園児の頃によく利用させていただき、その頃からのお付き合いです。

この夏、親業インストラクターになり、
来春に第一回目の講座を持てそうなので、
こういう場にでかけ、いろんな方に会って、
能動的な聞き方の練習をしたい・・とおもいますが、
ついつい話しに花がさき、その志を忘れてしまうことがしょっちゅうで・・・・(笑)

しかし、いつもこのセンターでベテランY先生に捕まると、
遊びに来ている親子さんたちと会話するってどころじゃなくなっちゃうんですよー(笑)
Y先生は、良い方なんだけど、ちょっと違うんです。
今日はY先生が、センターに遊びに来ているお母さん達に、私を紹介した後で、
付け加えた一言・・・・
「こちらのお子さんは、とっても個性的なんです。」
(苦笑・・・)

そりゃ、うちの子は偏屈だけど・・(笑)
アノ話を持ち出すつもりのようでしたが、先生に電話がかかり、話が途切れました。
アノ話・・・・

うちの子が年長さんのとき、
保育園の運動会のために組み体操を一生懸命練習しました。
練習風景では、きちんと出来ていたんです。
でも、当日・・運動会のときに観衆?が見守る中、息子だけが組み体操をボイコット・・・・(汗;
その場に直立して、先生がどう促しても岩のように動きませんでした。
そして、なーーーんにもせず、なんと長い長い10-15分・・・・。
私は、主人と二人、その息子をただただ唖然と見つめるだけでした。

そして、何事もなかったように、お弁当をたべに息子が私たちのテントまで帰ってきて、
和気藹々とお弁当を食べ・・・・・
気を利かせて、わざわざ遠路はるばる見に来てくれていたおじいちゃんもおばあちゃんも
何も言いませんでした。
心配した園の主任がこっそり私たちのテントの様子を見にきたほどです。(汗;


それから数日して、なぜやらなかったのか、
時間をかけて、聞き出しました。
その理由とは、
運動会の総練習で、組体操のリハーサル。
本番と同じようにやったときに、
まず、息子が寝転び、ペアの子は、うちの息子の足首の辺りで腕立て体制。
そのペアの女の子の足を持ち上げるという形をとったときに、
はだしでの演技なので、ペア子の足のうらの土が、息子の顔にかかり、うん悪く目に入ったそうです。
で、「もう絶対いや。」と思ったようで・・・・・・・

その当時、運動会を子育て支援センターから手伝いに来ていたY先生は、
棒立ち事件目撃後、私にこんなフォローをしました。
「ヒコちゃん、手をピッと足につけて、立っていた姿、かっこよかったわー。すっごく良かった!」
・・・・・
このフォロー、かなり無理がありますよね(苦笑)
親が、年長児、息子以外のすべての子がちゃんと組み体操の演技をしている中、
突っ立っている姿を見ているときの辛さ、この先生、わかってない。。。。。(笑)
(なんで?本当はできるのに。。。なんでもいいから、ちょっとは動いて!)
って祈った切なーーい時間だったということを。


他のたとえば、隣のクラス担任の若い男性保育士さんなどは
「いやぁ~、ヒコちゃん、やっちまいましたね~(爆)」と言ったのですが、
この正直な感想の方が、親ははるかに救われたものです。

Y先生・・・・
あの時は「かっこいい」なんて、フォローをしていたけれど、
内心は、
(なんでやらなかったんだろう?頑固な扱いにくい子ねぇ)って思っていたんですよね。
今でも、私の息子の話になると、よくアノ話を持ち出すんです。
はぁ~デリカシーないなぁ・・・・(笑)
あれを笑い話にできるのは、親が自ら話題を持ち出したときですよ。


親の気持ちに寄り添うのも子育て支援センターの先生方のお仕事なんですが、
悪気はないけど、Y先生には、心、えぐられます。(笑)
Y先生は、そうやって55年生きてきたんです。
この点を指摘するつもりはまったくなく、
私は、にっこり笑って流します。
Y 先生とは、私、価値観が違うというよりも、
なにか大切な根本的な部分が、ズレているようなんです。
そういう場合、細かく説明するよりは、受け流す。confident
これは心穏やかに生きるための基本です。

あの先生も、一生懸命生きているし、正しいと思う思想のもと、新米ママたちを指導、
サポートしているのです。
それは、ちゃんと認めています。

私も 道(タオ)の人ですから

|
|

« 忍  --にんーー | トップページ | マイケル・ジャクソンTHIS IS IT »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117829/46656954

この記事へのトラックバック一覧です: 道(タオ)流いき方?:

« 忍  --にんーー | トップページ | マイケル・ジャクソンTHIS IS IT »