« がんばれって | トップページ | ブログって? »

2009年10月15日 (木)

子どものココロ

今日、CAPという子どもへの暴力防止活動の手伝いで、
となりの市の小学校へ行きました。
6年生のクラスにロールプレイを交えて、
いじめや、不審者、セクシャルハラスメントについてのお話をするプログラムです。
「こんなときには、なにが出来る?」という問いかけをし、
こどもの中の【自分で自分を救うチカラ】に気づかせるお手伝いをしました。

そのあとには、トークタイムです。
個々に話をしたい子がやってきて、
よもやま話から、本当の悩みまで、打ち明けて帰っていってくれます。

その中で感じたのが、
思いのほか、このプログラムは、子ども達に気に入られ、
とても素直に入り込み、
真剣に自分の生活に取り込もうとしてくれているってことです。
この活動を手伝い始めた頃には、
「このシンプルなロールプレイで、ちゃんとメッセージを受け取ってくれるんだろうか??」
と半信半疑でしたが、
現場に行くと、なんのなんの、真剣に見入ってくれるんですよ!
すっかりプログラムに入り込み、参加してくれるんです!
ちょっと感動します。


そして、気づいたのは、
子どもたちは、それなりに一生懸命頑張っているってことです。

どうやったら、子ども達のまわりが、
そのココロに気が付いてあげられるのかな~?
素直になれずにもがいている子、
周りの大人の顔色ばかりを伺って、気を使っている子、
両親の不仲に心を痛めている子、
大好きで唯一自分の味方だったおばあちゃんを亡くして、途方にくれている子・・・・
いろんな問題で、
中には、自分にはどうすることもできない大人のとばっちりで、
小さなココロを痛めつつ、頑張っているんです。

ガンバレー
その問題は必ず解決する日がくるからね
君達の人生は、必ずいい人生になる。
だから、それを信じて生きていこうね。
生きるということは、それだけで、価値があり、意味があるんだよ。

|

« がんばれって | トップページ | ブログって? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どものココロ:

« がんばれって | トップページ | ブログって? »