« 内在神とは? | トップページ | 道(タオ)流いき方? »

2009年10月29日 (木)

忍  --にんーー

息子が言いました。
「今日は最悪!」
「最悪のことがあったんだね?」
「うん、筆箱がなくなった!」
「なくなっちゃったんだ。」
「そう、なくなった。」
「ちゃんとおいてあったのに、知らない間になくなったってこと?」
「そう」

ってことで、また盗まれたらしい。(弩)pout
私は、また、アイツか!と思ったけれど、
こらえました。

1年のときも、2年のときも、息子のものを隠す子がいるんです。
いつも同じ子だったので、
今回も、アイツか?と思ってしまいました。

親としてはすぐにでも先生に言いたい!!
しかし、忍耐あるのみ。
親が口を出しては、息子の解決能力が育ちません。
社会に出たら、もっとヤナヤツ、変なヤツがいるんです。
「先生に相談した?」
「まだ。catface明日する。」
「じゃあ、なんて相談するか、練習しようか。」
「筆箱なくなりました!。」
「うーん、それだけじゃ、わかんないな。
○○においておいた筆箱が、知らない間になくなりました。って感じで、
ちゃんと説明してみて。」
「わかった。」

自分で先生に相談することが、よい経験になるはず。
つい先週も算数の教科書がなくなって3日後にでてきたんです。
誰か知らないけど、いつの間にか隠すみたいなんですbearing
巧妙です。
だから、誰って確証がないのでやっかいです。

でも、息子の事件対処能力を育てるための一つのスキルと思って、
親は、見守ります。
本当は、学校に駆け込んで文句を言うほうが、ずっと簡単だし、ラクです。
でも、そうしたくない・・・・。
今しばらくは、とりあえず、忍で見守りです。

「嫌がらせをされる」これも経験。
経験は多ければ多いほうがいいし、こういう経験は、
本当の意味での優しさがわかる人になるんから。

でも、ちゃんと見守ってるよ、安心して。
いつでも、助ける準備はあるよ

|
|

« 内在神とは? | トップページ | 道(タオ)流いき方? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!昨日のブログを読んでビックリです。
お忙しい中、さっそく本を読んでくださってありがとうございます。う~ん、さすが・・大事なポイントすんなり理解されていて、とてもとてもうれしいです。
息子ちゃんのこと、我が家ではまだ経験してませんが、いつ起こってもおかしくないことです。親業を学んでなかったら・・きっと息子の問題が自分の問題にすりかわり、冷静に対処できないだろうなあ、と想像します。大事なのは子供自身が自立すること、このブログで再確認できました。

投稿: 京子 | 2009年10月30日 (金) 11時45分

京子ちゃんさっそくブログを見て下さってありがとう♪
こどもの問題は、親のでる幕を間違えないほうがいいと思ってるの。子どもが自分でナントカできる、乗り越えられる場面は、親は出ない方がいいし。
その見極めも観察力がいるよね。
今までも、イザコザがあっときに、よほど、
親が出たい~!って思いを我慢してみていたら、
まもなくケロっとしてその子と遊んでいたりして、
「あ~、でしゃばらなくてよかった!」って思ったことが何度もあります。
でも、1年のときは、あまりに物が壊されたり、なくなるので何度か先生にお願いしたりしましました。
限度があるからね。2年のときも、おなじく何度か介入したことがあるし。最近は3-4年のはずのギャングエイジが低年齢化しているような気もします。
先生にお願いするにしても、できれば子どもから直接先生に相談させたいし。3年になって、それができるようになってきました♪それなりに成長しているんです。
子どもの「今」を過剰に守ることは、「未来の社会にでたあとの子ども」を守ることにはならない、というのが、私の考え方なんです。

投稿: 管理人 | 2009年11月 6日 (金) 11時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117829/46618069

この記事へのトラックバック一覧です: 忍  --にんーー:

« 内在神とは? | トップページ | 道(タオ)流いき方? »